ハーバーの「スクワラン」と「スクワランⅡ」の違いとは?

ハーバーの「スクワラン」と「スクワランⅡ」の違いとは? スクワランオイルの種類

スクワランと言えば、「ハーバー研究所」が有名ですよね。
肌質や年齢を選ばずに使える品質の高さから、「スクワランオイルと言えばハーバー」という人も多いです。

小さい小瓶(実際はプラボトルです)に「HABA」と書かれたシンプルなパッケージでおなじみのスクワランオイルですが、実は2種類あるのをご存知でしょうか?

ここではこの2種類のハーバースクワランオイルの違いを徹底解説します。

大きな違いは原材料

植物性と動物性スクワランの違い
ハーバーの2種類のスクワランオイルですが、一番の違いは「原材料」です。

  • 「高品位スクワランオイル」は動物由来
  • 「高品位スクワランオイルⅡ」は植物由来

もう少し詳しく説明しますね。

元祖「スクワランオイル」は動物由来

発売から35周年を迎えたハーバーの「高品位スクワランオイル」は深海に住むサメ「アイザメ」の肝臓から抽出したスクワランオイルです。

アイザメがこちら↓
アイザメ
出典:NATIONAL GEO GRAPHIC

動物性スクワランオイルは純度をほぼ100%近くまで高められるのが特徴です。不純物を含まないためサラサラとしていて、ベタつきが残りません。

アイザメはエサが少なく、水温の冷たい深海で生き抜くために肝臓にたっぷりの油分を蓄積しています。アイザメの肝臓からは約80%のスクワランオイルが抽出できます。

動物性スクワランオイルのデメリットは「プリスタン」

動物由来のスクワランオイルが抱えるデメリットとして「プリスタン」という成分の除去が難しいという点です。

プリスタンは肌への刺激になることがあり、敏感肌の方では赤みやかゆみなどの原因になる可能性があります。このプリスタンの完全除去に成功したのがハーバー研究所です。

ユユ
ユユ

2018年で35周年を迎えた高品位スクワランオイルはプリスタンが完全除去できた動物性スクワランオイルだということです。

※悪者のイメージがあるプリスタンですが、薬剤においては薬の効果を増強させる役割(アジュバント)の役割を担っています。

「スクワランⅡ」は植物由来

スクワランⅡ
スクワランオイルⅡの歴史は決して長くありません。初めて販売されたのは2016年のことです。

動物性のスクワランオイルを精製するためにはアイザメなどの深海ザメの存在が必須。しかし大量に捕獲を続けていてはやがて絶滅の危機が訪れます。

スクワランオイルは動物以外から抽出することを求められていました。

そんな後押しもあり、この10年ほどで植物からスクワランオイルを抽出する技術が各段にアップ。オリーブ、サトウキビ、大豆などからスクワランオイルが抽出できるようになりました。

植物由来のスクワランのデメリットが「純度の低さ」

植物由来のスクワランオイルのデメリットとして純度を高めるのが難しいという問題がありました。今でも多くの植物性スクワランオイルは純度90~95%前後です。

スクワラン自体は人の体に備わっている「皮脂」を構成する成分「スクアレン」と似た成分であるため、ほとんどの場合、肌にトラブルを起こすことはありません。

しかし、スクワラン以外の不純物が混じることで肌に刺激となってしまうことがあります。
また不純物が含まれる植物由来のスクワランはサラサラしておらず、重いオイルという印象がありました。肌に塗ってもなかなか浸透せずにテカりの原因になってしまいます。

ハーバーが植物由来で純度100%のスクワランを発売

この純度の問題を解決したのもハーバーです。
2016年ハーバーは植物由来100%のスクワランオイルを発表しました。

それが「高品位スクワランⅡ」です。

これまで課題だった植物スクワランの純度の低さは、深海10000mと同等の圧力をかける「超高圧処理」により改善。テクスチャーも重さがない、サラサラで浸透力の高いオイルとなっています。

ちなみにスクワランⅡの原料となっている植物ですが、「ヨーロッパや北米、中東などさまざまな国の様々な植物由来のスクワランを独自ブレンドした」との情報はありますが、詳細については非公開です。

スクワランとスクワランⅡ、はどう違う?

スクワランとスクワランⅡの違い
実はこの2つ、原材料以外はほぼ同じです。

それもそのはず、ハーバーは「動物性スクワランオイルと同等の安全性、テクスチャー、浸透力を目指して作った」のが植物由来のスクワランⅡです。

なので、見た目やニオイはもちろんのこと、使用量や使い方、効果においても変わりはありません。値段も一緒。

口コミを見ると植物性の方が少し重いと書かれたものもありますが、ほぼ同じものであると公式にハーバーは発表しています。

ユユ
ユユ

あとはお好みで選ぶだけですね。

ハーバーのスクワランを最初に使うならどっち?

原材料以外の全てが同等であるため、最初にチョイスするのもどちらでもOKです・・・が。

ハーバーではスクワランオイルを含む「トライアルセット」の販売があります。ここに含まれるスクワランオイルは動物由来の方のスクワランです。
植物由来の「スクワランⅡ」にはお試しセットがありません。

3ヵ月分15mlのスクワランオイル1本の価格は1,512円。トライアルセットの価格も1,512円。

ただ、お得なのはトライアルセットには3ヵ月分のオイルだけではなく、クレンジング、洗顔料、化粧水、薬用美白美容液とハーバーの「押しアイテム」をまとめて試せるという点です。

ユユ
ユユ

この点からハーバーのスクワランオイルを初めて試すのであれば動物由来のスクワランオイルの方がいいと思います。

スクワランはじめてセットの内容とは?

高品位スクワランオイルはじめてセット
3ヵ月分15mlの動物由来のスクワランオイルが含まれることは上記にも書いた通り。その他の内容物を具体的に上げると・・・
ハーバーの高品位スクワランはじめてセットの中身

1.高品位スクワラン(スクワランオイル)(15ml)
2.スクワフェイシャルフォーム(洗顔フォーム)1.5g×1包
3.スクワクレンジング(メイク落とし)7ml×1包
4.Gローション(化粧水)7ml×2包
5.薬用ホワイトレディ(薬用美白美容液・医薬部外品)8ml

となります。それぞれのアイテムの詳細については実際に「スクワランはじめてセット」を購入して使ってみた体験レポをまとめましたので参考にしてみてください。

まずはスクワランオイルのすごさを実感してみて

まぁ、私自身がスクワランのヘビーユーザーだからこんなことを言うのですが。

私が20代後半の時には迫りくる年齢の波に負けるもんかと保湿剤を山のように塗っていました。
化粧水、美容液、乳液、アイクリーム、クリーム(5万円もする〇レ・ド・ポー〇ーテのゴールドのクリーム)と重ねて重ねて重ねて・・・。

これで肌荒れを起こしたワケでもないし、肌もつやっとしていました。
でも、とにかく面倒だった。

そんな時、友人と温泉旅行に行き出会ったんですね、スクワランと。
私が15分以上かけて保湿している時、友人はわずか1分。

なのに肌が超キレイ。同年代は皆同じようにお手入れしているものだと思っていたのでこれはけっこう衝撃でした。

その友人に使わせてもらったのがきっかけです。今まで時間とお金をたくさんつぎ込んでやっとキープ出来てると思っていた肌がスクワランオイルと化粧水だけで同じようにキレイをキープできました。

軽く思い出話になってしまいましたが、あれからまもなく10年です。
スクワランオイルのおかげで約200万円のスキンケア代と約913時間を節約できたことになります。

思い立ったら吉日。
スクワランとの出会いが私と同じような運命の出会いになることを願っています―。

コメント