HABAのスクワランオイルはニキビに悪影響?ニキビがある肌に美容オイルは使えるの?

オイルというと、ニキビが悪化してしまうイメージがありますよね。

そのためオイル美容はニキビ肌には不向きと思っている人もいますが、ニキビができる原因によってはオイル美容で改善する可能性があります。

ユユ
ユユ

オイルがなぜニキビを改善させるのか。
分かりやすくまとめていきますね。

ニキビに悪影響を与えるオイルは「油脂」

私のイチオシはオイル美容。
中でもHABAのスクワランオイルは万能と言えるほど、多くの肌質に使えて効果を発揮しています。

ユユ
ユユ

オイルとは相性の悪そうなニキビですが、実は大人のニキビのほとんどにHABAのスクワランオイルは効果的なんです。

ですが、オイルなら何でもニキビに効果があるかと言われるとそれは違います。
美容オイルの中にはニキビに効果を発揮するオイルと、そうではないオイルがあります。

ニキビを悪化させる原因となりやすいのは「油脂」という種類のオイルです。
油脂はオリーブオイルやココナッツオイル、馬油などに含まれており、アクネ菌のエサになります。

HABAのスクワランオイルは「炭化水素」と呼ばれ、炭素と水素だけでできたオイルです。
スクワランオイルのほかワセリンやミネラルオイルにも使われています。
この炭化水素のオイルは、アクネ菌のエサになりません。

ただし、同じ炭化水素系のオイルであるワセリンは肌表面に被膜を作りやすいオイルです。

アクネ菌のエサにはならないものの、酸素に触れることを嫌うアクネ菌(=嫌気性菌)にとってワセリンが毛穴に被膜を作ると、その環境化で活発に増殖することもあります。

HABAのスクワランオイルがニキビに効果的なワケ

上記でも説明したように、スクワランオイルはアクネ菌のエサにはなりません。

またスクワランオイルは角質への浸透がスムーズなので、ワセリンほど肌表面に被膜を作りません。
さらに、スクワランオイル自体に殺菌効果があるため、増殖したニキビに対して抑制をかけることができます。
乾燥させて治す硫黄系のニキビ薬(対症療法)に対し、スクワランオイルはターンオーバーの改善等により肌の環境を整えること、マイルドな殺菌効果で少しずつニキビができにくい肌を作っていくというイメージが分かりやすいと思います。

大人ニキビには特に効果を発揮

ニキビと言うと皮脂が過剰に出てしまう肌状態を思い浮かべますが、実は肌が乾燥してもニキビができてしまいます。

大人ニキビの多くは乾燥によるニキビがほとんどと言っても過言ではありません。

ユユ
ユユ

肌(角質)の乾燥が皮脂の過剰分泌を誘発し、皮脂をエサにするアクネ菌を増殖させてしまっています。

スクワランオイルは化粧水と混じり、角質に深く浸透するとともに、水分の蒸発も予防します。
水分と油分の保たれた肌は自然とターンオーバーが改善。
毛穴を塞ぐ古い角質も剥がれ、アクネ菌が空気に晒されやすくなると、酸素を嫌うアクネ菌自体が減少。
結果、ニキビのできにくい肌へと変化していくという流れです。

HABAのスクワランオイルは純度が99,9%。
不純物を徹底的に排除したオイルです。100%天然由来成分で作られており、防腐剤のパラベンや石油系の界面活性剤、鉱物油も一切使われていません。

無香料、無着色で生まれたての赤ちゃんの肌にも使えます。

余分なものが入っていないので、敏感肌でニキビがあるなどの混合肌でも安心です。

ニキビがある肌への上手な使い方

ニキビ肌にスクワランオイルを使う場合も基本的には一緒で、洗顔後、または化粧水後の肌が濡れている状態でスクワランオイルを1滴手に伸ばして塗るだけです。

ただしこの時にニキビを擦らないように注意します。
ニキビに傷をつけると、さらに黄色ブドウ球菌などの常在菌が増え、炎症が広がったり場合によっては化膿させる原因になりかねません。

スクワランオイルをつける時だけに限りません。
ニキビを始めとした肌トラブルがある場合は、スキンケアは「そっとプッシュ」します。
肌の上を擦るのは絶対NGです。

スクワランオイルをニキビ肌に使う・まとめ

ニキビを改善させるのに肌の皮脂量と水分量のバランスが整っていることは大切です。

 

ユユ
ユユ

肌が乾燥してバリア機能が低下するとニキビが悪化してしまうので、水分をしっかりと与えてからHABAのスクワランオイルを使うようにしましょう。

コメント