オイル美容ビギナーさんに伝えたいオイルの種類別・効果と使い方。デメリットも

オイル美容をスタートさせたいけど、いろいろな種類があってどれを使えばいいのか、どんな風に使えばいいのかわからない…という人は多いようです。

ユユ
ユユ

どれも同じように見えるオイルですが、実は種類によって効果や使い方が違います。

肌に合う美容オイルに出会うことができれば、毛穴レスで理想の美肌を目指すことができます。
特に乾燥しやすい肌、年齢を感じ始めた肌に、美容オイルは効果的です。
しかし、使い方や選ぶオイルを間違えると効果を実感しにくくなりますので、事前にしっかり把握しておきましょう。

◎当サイト一押しのオイルはスクワランオイル!

オイル美容とは

ユユ
ユユ

まずはオイル美容が何なのかをおさらいしましょう。

【オイル美容とは】
文字通り、オイルを使ったスキンケア法のこと。
基本的には化粧水の前にブースター(導入液)として、使うことが多い。

オイル美容に使われるオイルは基本、皮脂と成分が似ているものを選びます。
さらに精製度が高く、酸化しにくいオイルを選ぶのも基本。

オイル美容が効果を発揮するメカニズム

オイル美容に使われるオイルは肌細胞の間を埋める「細胞間脂質」との相性が良いため、美容オイルを与えると細胞間脂質の間を均等に浸透していきます。

これにより何が起こるかというと、細胞の一つ一つがオイルにより保護されます。
この状態になったところで、化粧水を肌に塗ると、肌表面に残っていたオイルと化粧水は均等に交じり合う「乳化」という現象を引き起こします。

水と油は混じらないと思っている人が多いですが、これは半分正解で半分間違いです。
スキンケアで使う化粧水は基本的に脂と混じりやすいように出来ています。
そうしないと、皮脂によって角質への浸透が邪魔されるためです。

美容オイルを使った場合の保湿の浸透についての模式図

また、美容に使われるオイルは皮脂との親和性が高いです。
結果、皮脂と馴染むオイルは角質の細胞間脂質と親和し、そこに皮脂と馴染む化粧水が吸い込まれるように浸透していきます。

ユユ
ユユ

要はスキンケアに使われる美容オイルは化粧水を始めとする保湿成分を角質の深部まで浸透させる役割を担っていると言えます。

顔がテカるほど分泌される皮脂の場合、背景に乾燥が潜んでいることがほとんど。
特に思春期以降はほとんど乾燥性脂性肌と考えられています。

オイル美容を取り入れることで、肌は油分が十分であると認識し、過剰に皮脂を分泌しなくなります。
これにより本質的な乾燥肌の改善となり、テカリが抑えられ、毛穴の開きの改善にもつながります。

 

ユユ
ユユ

美容オイルの効果を一言で言えば、肌のバリア機能を高めるということ。
肌のバリア機能が高まるから、乾燥がベースとなる肌トラブルをまとめて予防することができるんです。

オイル美容に使うオイルの種類別・効果と使い方

オイル美容でよく使われるオイルには、多数の種類があります。
ここでは美容オイルとして使うのにおすすめのオイルの種類と、人気のオイルの両方をご紹介していきます。

アルガンオイル

アルガンオイル

【特徴】

アルガンオイルの特徴は何といってもその「抗酸化力」の高さ。
活性酸素の除去も期待できるため、年齢が気になり始める30代の女性ではアルガンオイルを取り入れる方も多いです。

これはアルガンオイルに含まれる成分によるもの。
アルガンオイルに豊富に含まれるオレイン酸と天然ビタミンEが肌の老化を効果的に食い止めます。
特にビタミンEはα(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)トコフェノールの4つの構造のすべてを含んでいます。いずれも美肌には欠かせない成分です。

アルガンオイルを選ぶ上でのデメリットは?

モロッコ原産のアルガンオイルは、アルガンの木にできる果実の中の種子から抽出されます。
このアルガンの木は絶滅が心配されるほど、現在ではその本数が減ってきています。

ユユ
ユユ

アルガンオイルの人気が高まり、種子のほとんどがオイル絞りに使われてきたため、新しい木の育成が出来なかったのが原因だと考えられています。

結果、純粋なアルガンオイルは今後価格が高騰する恐れが。
さらに、アルガンオイルと称した偽物オイルはすでに出回っています。

混じり物が多いオイルはアレルギーを引き起こす原因になることも。
純度の高いアルガンオイルを入手するのが今後は難しくなりそうです。

楽天でアルガンオイルをチェックする

ホホバオイル

ホホバオイル

【特徴】

ホホバオイルは美容オイルの中でも比較的安価で買えるというメリットがあります。
皮脂成分のうち25%の割合を占めるワックスエステルと同じ成分がホホバオイルには含まれています。

ユユ
ユユ

ホホバオイルは成分の90%以上がワックスエステルなんです。

通常人間の皮脂以外では、魚に多く含まれるワックスエステル。
植物に含まれるのはホホバオイルだけです。
肌への浸透がよく、顔だけではなく体や髪の毛にも使える万能オイルです。

ホホバオイルを選ぶ上でのデメリットは?

同じホホバオイルであってもその製法により中身が全然違うものに。

そもそもホホバオイルは天然のトコフェロール(ビタミンE)の他、ビタミンA、ビタミンD、ミネラル、アミノ酸などが豊富に含まれています。
しかし生産効率を上げるために加熱処理して作られるホホバオイルはこれらのビタミン類が壊れてしまっています。

これを回避するためには非加熱の「コールドプロセス」で抽出されたホホバオイルを選ぶ必要があります。
それぞれの特徴として、加熱処理されたホホバオイルは安価。
さらに無色透明という特徴があります。
それに対して、コールドプロセスで抽出されたホホバオイルは透明で黄金色をしています。
ただし価格は高めです。

ユユ
ユユ

加熱処理したホホバオイルは精製度が高いため、肌トラブルのリスクが低いというメリットも兼ね備えています。
どちらがいいかは実際に自分の肌で試してみることをおすすめします。

楽天でホホバオイルをチェックする

オリーブオイル

オリーブオイル

【特徴】

オリーブオイルは、オレイン酸が豊富という特徴があります。
オレイン酸は人の皮脂の成分の中で最も多い成分(約40%)。
そのため、皮脂なじみが良いのが特徴です。

さらにオリーブオイルは、オレイン酸の他、ポリフェノールやビタミンE、ミネラルも豊富に含まれています。

オリーブオイルを選ぶ上でのデメリットは?

酸化しにくい上に、価格も控えめな優秀なオイルですが、1点だけデメリットがあります。
それは精製度を高めていても少なからずあの独特の「ニオイ」をゼロにするのが困難である点です。

オリーブオイルをパンにつけて食べる文化圏の人にしてみれば芳香とも言われるオリーブの香りですが、日本人は苦手な人が多いです。

ユユ
ユユ

毎日顔に塗るためのものなので、オリーブオイルの臭いが苦手な方は避けた方が無難だと言えます。

楽天でオリーブオイルをチェックする

スクワランオイル

高品位スクワラン

【特徴】

サラリとした感触と、高い保湿力で顔だけでなく、髪や爪、マッサージオイルとしても使うことができる万能オイル。

赤ちゃんから高齢の方まで安心して使える美容オイルです。
赤ちゃんならあせも予防や、オムツかぶれ対策に、高齢の方なら硬くなったかかとの角質のお手入れにも使えます。

肌への浸透に優れたオイルであるため、化粧水前のブースターとしてぴったりです。

当サイトではオイル美容にはスクワランオイルをイチオシしています。
理由は他のオイルと比べ、驚くほど肌に浸透するのを実感できるから。

ユユ
ユユ

使い始めて数日すると肌がふわっと柔らかくなるのを実感できると思いますよ。

スクワランオイルを選ぶ上でのデメリットは?

スクワランオイルは基本、精製度が高く他のオイルのようにビタミン類を含みません。

肌への安全性と浸透力が高いのは精製度が高いことによって得られるメリットですが、他の栄養素も肌に与えたいと思う人にとってはやや物足りなさを感じるかもしれません。

ユユ
ユユ

スクワランオイルはシンプルに肌のポテンシャルを上げるもの。
ビタミン類は化粧水やその他の保湿剤で補うという考え方になります。

 

オイル美容で気を付けること

オイル美容のメリットは、簡単なケアで乾燥しにくい肌を目指すことができることです。
ハリのあるツヤ肌・毛穴レスの肌に導いてくれることはオイル美容で期待できる効果と言えます。

また、使い方も汎用的で、マッサージやパックにも使うことができますし、ボディのケアやヘアケアにも重宝します。

自分に合うオイルが見つけることができれば毎日のスキンケアに欠かせない存在になるものです。

しかしいくつか使用上で気を付けるべき点があります。
一つは使う量やオイルの特徴によってはべたついてしまうことがあげられます。

美容オイルは基本的に食用オイルと比べて、サラりとしています。
ですが、オイルはオイル。
使う量が多すぎると髪の毛の場合は洗っていないような不潔な印象を与える可能性も。

またオイルの種類によっては酸化しやすい種類のオイル(ローズウッドオイルや馬油、アマニ油など)もあります。

これらは朝に使うと油やけにより肌にシミを作ったり、くすみの原因になったりしますので注意が必要です。
また、純度が低いオイルを使うと、肌荒れをおこす可能性もありますので気をつけましょう。

どんなに皮脂に近い、安全性が高いと言われるオイルであっても全ての人に100%安全とは言い切れません。

ユユ
ユユ

使う前には何でもパッチテストを行うクセをつけるといいですね。

オイルの特徴をつかみ、試してみるところからスタートすると安心です。

オイル美容ビギナーさんにおすすめな「スクワランオイル」

これからオイル美容をスタートさせたい、という人ならまずは無添加で純度の高いスクワランオイルをおすすめします。

スクワランオイルは肌がふっくらする、毛穴が縮小するなどの効果を実感しやすいオイルでもあります。

特にHABAのスクワランオイルは防腐剤パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油は一切無添加です。純度も99,9%と、不純物を徹底的に取り除いています。

 

酸化もしにくく、油やけなどの肌トラブルも起こしにくいので使うタイミングを選びません。

毛穴レスでツヤとハリのある美肌を目指すなら、まずはHABAのスクワランオイルでオイル美容の効果を実感してほしいと思います。