スクワランオイルとアルガンオイル、美容オイルに向くのはどっち?

スクワランオイルとアルガンオイル、美容オイルに向くのはどっち? 美容オイルの比較
このページでは美容オイルの効果としてスクワランオイルとアルガンオイルの違いをまとめています。

美容オイルで肌のケアをしたい、と考えた時、美容に良いオイルとしてよく聞くのがスクワランオイルとアルガンオイルではないでしょうか?

スクワランオイルもアルガンオイルもどちらも酸化しにくく毎日のケアに使いやすいのですが、その特徴に大きな違いがあります。

ユユ
ユユ

まずは2つのオイルの違いを学び、自分にぴったりなのはどちらなのか見極めていきましょう。

【当サイトイチオシ】
スクワランオイル使用者数No.1・リピ率No.1・販売年数No.1のハーバースクワランオイルとは?

HABAスクワランオイルの詳細へ

スクワラインオイルとアルガンオイルの違いとは

一言で言えば、スクワランは化粧水の浸透を助けるブースターとして最適なオイル。
アルガンオイルは活性酸素の除去などアンチエイジング効果が期待できるとされています。

乾燥肌ならスクワランオイルを、年齢肌でエイジングケアに力を入れたいのならアルガンオイルがおすすめ。

ユユ
ユユ

年齢肌でさらに乾燥が進んでいる場合は、ブースターにスクワランを使い、化粧水後にアルガンを使う「Wオイル使い」もアリです。

それではそれぞれの特徴を説明していきますね。

スクワランオイルの特徴

高品位スクワラン
スクワランは、もともと皮脂に含まれる潤い成分です。

ユユ
ユユ

正確に言えば皮脂に含まれるのはスクワン。
酸化しやすいスクワに水素を添加して酸化しにくくしたのがスクワです。

スクワランオイルは肌に浸透しやすくサラリとした感触で使いやすい特徴があります。

スクワレンは肌に元々ある成分ではありますが、20代後半を境に激減してしまいます。
こうして起こる乾燥肌は肌のターンオーバーも乱すため、毛穴の開き・たるみ毛穴や小じわなどを引き起こしやすくなります。

スクワランを補うことは、こうした年齢肌に起こりやすい肌トラブルの改善に繋がるのです。

アルガンオイルの特徴

ネイチャーマジックのスクワランオイル
アルガンオイルはモロッコの南西部にしか生育しないアルガンツリーという木の実の中の種、さらにその中にある「仁核」と呼ばれる部分をすりつぶして抽出します。わずか1~2%しか含まれない貴重なオイルがアルガンオイルです。

ユユ
ユユ

アルガンの木は「ヤギのなる木」として有名。気温50度にもなる乾燥地帯でも枯れないアルガンの木の葉を食べてるんですね。

アルガンツリー
出典:カラパイア-モロッコ名物、ヤギのなる木「アルガンツリー」

アルガンオイルは、ビタミンEやオレイン酸、リノール酸が豊富に含まれているオイルです。皮脂にも含まれるオレイン酸を含んでいるため、スクワランオイルと同様に肌への馴染みが良いのが特徴。

アルガンオイルの特徴はオレイン酸が活性酸素を取り除いて肌内部の細胞を活性化してくれる効果が期待できる点。さらに、紫外線を防いでシミやしわを防ぐ働きを持っており、保湿力も高く蒸散しにくい性質があります。

ユユ
ユユ

どちらも美容オイルとしてとても優秀なんです。

参考:【徹底解説】アルガンオイルの効能と欠点|アルガンオイルおすすめの使い方

アルガンオイルの使い方とおすすめの肌質は?

アルガンオイルは毎日のケアからスペシャルケア、髪の毛のケア、ボディのケアにも使うことができます。

毎日のケアとしては、化粧水をつけた後に薄く肌に伸ばします。
ブースターとして使うこともできますが、スクワランオイルのように精製度が高いワケではないため、肌の状態を選ぶことがあります。

本来であれば、アルガンオイルに含まれるリノール酸はニキビ予防に効果的なのですが、肌の状態によってはニキビを増やしてしまうこともあるようです。

ユユ
ユユ

敏感肌、生理周期で肌の状態が変化しやすい方の場合、肌トラブルを起こしにくいと言われるアルガンオイルでも注意が必要です。

アルガンオイルで肌トラブルが出なければ、ホットパックはおすすめです。
洗顔後にアルガンオイルをたっぷりと顔になじませてマッサージをしてから、ホットタオルをのせるだけ。
タオルが冷めてきたら外して、オイルを馴染ませ、普段通りの保湿を行って終了です。

アルガンオイルがおすすめな肌質は

普通肌から乾燥肌の人におすすめです。
アルガンオイルは上記でも書いたようにエイジングケアに効果的なオイルです。

年齢肌が気になり始める30代の肌のケア、シミやしわなどが特に気になるという人にもピッタリのオイルと言えるでしょう。

どんなアルガンオイルを選べばいいの?

オイルを選ぶ時の決め手は鮮度・純度・原料の3つを重視することをおすすめします。

どんなに酸化しにくいオイルだと言われていても、空気に触れれば少しずつ酸化はします。不純物が多いオイルは肌トラブルの原因になりますし、原料自体が劣化してたらオイルも期待できません。

アルガンオイルは美容オイルの中でも希少性が高く高額なオイルです。選ぶ時には鮮度・純度・原料を明記してあるオイルを選ぶことをおすすめします。

ユユ
ユユ

もしアルガンオイルを使ってみたいならネイチャーマジックのアルガンオイルがおすすめ。純度100%で瓶詰めまでわずか5日のオーガニックオイルです。

ネイチャーマジックのアルガンオイルがこちら↓
ネイチャーマジックのアルガンオイル
サラっとした使い心地はスクワランオイルと同じくらい。浸透もスムーズです。

ユユ
ユユ

アラフォーな私は朝はスクワランオイル、夜はアルガンオイルと使い分けをしています。

夜にアルガンオイルを使う理由は美容成分を多く含んでいるので、紫外線の影響を受けて肌の上で酸化するのを避けるため。アルガンオイルは酸化しにくいため朝に使っても問題ないのですが、様々な使い方を試した結果、今の方法に落ち着きました。

アルガンオイルのニオイが苦手な人は多い

ネイチャーマジックのアルガンオイル
アルガンオイルのニオイはよく「カシューナッツ」に例えられます。カシューナッツなら香ばしくていい香り、と思いがちですが、実は「生のカシューナッツ」のニオイに似ているんです。

ほんのり酸っぱさを感じる独特な香りで、口コミをみると苦手に思う方も少なくありません。ネイチャーマジックのアルガンオイルはフレッシュなので、他のアルガンオイルと比較してもその香りは強め。

ユユ
ユユ

他の人が感じるほどではないし、塗って1分で完全に消えますが・・・。

ニオイよりも効果の方が大事!という方ならネイチャーマジックのアルガンオイルは試す価値があると言えます。
ネイチャーマジックのアルガンオイルの公式サイトを見る

とはいえ、毎日使うものなのでニオイはNGという方はネイチャーマジックではなく「メルヴィータ」のアルガンオイルがおすすめ。こちらは香りはずっと薄いです。

メルヴィータのアルガンオイル↓メルヴィータのアルガンオイル
メルヴィータのオイルの色
オイルの色は濃い目でアルガンオイルに含まれるビタミンEがたっぷりと含まれているのがわかります。
オイルを塗りこんだ後に薄紙が何枚つくかでベタつきのチェックをしましたが、メルヴィータは一枚もつきませんでした。
メルヴィータのべたつきチェック
メルヴィータのアルガンオイル公式サイトをみる

アルガンオイルもメーカーによって個性があります。
色々試して自分にぴったりのオイルを選ぶのが理想ですが、まずは使用者と口コミ数が多いメルヴィータやネイチャーマジックの「アルガニスタ」のどちらかが初めてのアルガンオイルにはおすすめです。

ユユ
ユユ

最初は高品質なオイルで効果を体感するのがおすすめです。

スクワランオイルの使い方とおすすめの肌質は?

スクワランオイルはアトピー肌、新生児、高齢者であっても肌トラブルを引き起こす可能性はほとんどないと言えます。

特に純度が高いスクワランオイルは安全性も同じように高いです。毎日のケアとしては、化粧水の前にブースターとして肌に馴染ませます。

化粧水のあとに使って肌になじませた場合でも、肌の上で化粧水の水分と混じり合い、角質への浸透を高めます。

乳液やクリームの代わりを果たしてくれるので、乾燥が気にならないのであれば、スクワランオイルと化粧水だけでもしっかり潤います。
その場合でも、せっかく角質への浸透が高めているため美白美容液などを併用すると単品使いよりも効果の実感を得られるかもしれません。

スペシャルケアとしてはアルガンオイルと同様にホットパックがおすすめです。

ユユ
ユユ

刺激の少ないオイルなので、オイルマッサージにも使えますよ。

スクワランオイルがおすすめの肌質は?

スクワランオイルは基本的に肌質を選びません。
敏感肌や乾燥肌、普通肌などどんな肌質の人も使うことができます。
さらに年代や性別を問わず使えるので、家族みんなで愛用できるオイルです。

美容オイルを上手に使えば肌トラブル対策に

オイルは好き嫌いが分かれるところです。
ただ、個人的には先入観を捨てて、一度はチャレンジしてみてほしい美容法の一つです。

私自身がこれで多くの肌トラブルから解放されたというのが根本にあります。
全ての人に同じような効果があるとは言えませんが、繰り返す肌トラブルにお悩みであれば試す価値はあると思います。

どちらのオイルにもメリットデメリットがあります。
その時々の肌の状態においても向いているオイルが変わることもあります。

まずは「自分の肌の、どんな時にはどんなオイル?」を使いながら少しずつみつけていくことが大切になります。
オイルを上手に取り入れられるようになれば、他の美容商品は不要になるほど万能。
ぜひこれをきっかけにチャレンジしてみてほしいと思います。

まずはどんな肌質もOKのスクワランからどうぞ!
HABAスクワランオイルの詳細へ