スクワランオイルの種類!植物性・動物性・合成・・・どれを選べばいい?

植物性と動物性スクワランの違い スクワランオイルの種類

市販のスクワランオイルには3種類ある

スクワレンオイルには大きく分けて3種類あります。

動物性スクワランオイル

アイザメ
引用:NATIONALGEOGRAPHIC

動物性のスクワレンオイルは主に深海サメの肝油から抽出されたオイルです。
深海サメの中でもよく使われるのは「アイザメ」というサメ。

世界には350種類のサメがいると言われ、そのうち水深200m以上では約50種の深海サメが生息しています。
そんな深海サメの中でもさらに深い水深1,200m付近に生息するのがツノザメ目アイザメ科の「アイザメ」です。

【アイザメの不思議】
このアイザメにはスクワランをはじめとした多くの高成分があることが知られており、平成14年にはこのアイザメから抗ウイルス成分「スクワラミン」を発見。これまで細菌に効く抗生剤は数多く発見されてきましたが、抗ウイルスとなるのは非常に少ないのです。
さらにこの成分にはガンを抑制する効果があるとして研究が進んでいます。
他にも平成17年には免疫機能の高めるジアシルグリセリルエーテルという成分が見つかっています。
参考:サメのスクアラミン、人間にも効果:NATIONAL GEOGRAPHIC
ユユ
ユユ

アイザメの持つ成分にはまだまだ未知の可能性が潜んでいると期待されているんです。
ただ・・・アイザメはそれほど繁殖能力が高いサメではないため、ワクチンや化粧品のために大量に捕獲されるようになった今、絶滅を心配する声もあがっています。

動物性スクワランオイルのメリット

動物性スクワランオイルのメリットは何といっても純度が高いということ。
不純物が少ないからこそ、肌への浸透がスムーズで肌トラブルを起こしにくいと言えます。
動物性スクワランオイルで、純度が最も高いのはHABAの高品スクワランオイルで99,9%です。

動物性スクワランオイルのデメリット

サメの肝油には「プリスタン」という成分が含まれています。
ワクチン主剤の補強材として使われる成分であるの他、皮膚への刺激が強いという側面も。

プリスタンを完全に除去するのは難しく、多くの動物性スクワランオイルには微量ながらこのプリスタンが含まれていると考えられています。
※HABAの高品位スクワランオイルはこのプリスタンを完全に含まない唯一の動物性スクワランオイルです。

動物性スクワランオイルの使用感

純度が高ければ高いほどさらりとしていて、浸透がスムーズになります。

動物性スクワランオイルで最も人気があるのがHABAのスクワランオイルになります。

植物性スクワレンオイル

植物性のスクワランオイルは主にオリーブを抽出して精製されます。
それ以外にも米ぬか、大豆、アボガドなどから作られることもあります。

植物から抽出できるスクワランオイルの量は動物性と比べるとごくわずか。
植物の中でも比較的多くスクワランオイルを含有しているオリーブオイルであっても、0.1~1%ほどしか抽出できません。

植物性スクワランオイルが生まれた背景としては、アイザメの保護を目的とした部分と、抽出技術の向上によるところが大きいです。
※食用のオリーブオイルにはスクワランは含まれません。

植物性スクワランオイルのメリット

植物性スクワランオイルのメリットは動物性のスクワランオイルに含む「プリスタン」が含まれません。
プリスタンは肌への刺激が懸念されているため、これを全く含まない植物性のスクワランオイルはさらに安全性の面で安心だと言えます。

植物性スクワランオイルのデメリット

植物性スクワランオイルのデメリットは純度が動物性に比べて低いという点。
おおよそ90%前後の純度となってしまいます。

サメの肝油からスクワランオイルを抽出する技術は60年以上の歴史がありますが、植物から抽出する技術はここ10年以内のもの。
このような技術面での歴史の浅さに不安を感じる人もいます。

植物性スクワランオイルの使用感

純度が低いため、動物性のスクワランオイルに比べるとやや重みがあり浸透にも時間がかかります。

植物性スクワランオイルで人気なのが無印良品のオリーブスクワランオイルになります。

無印良品のオリーブスクワランオイルの詳細を見る

合成スクワレンオイル

化粧品としてはほとんど流通していません。
主に合成油脂を原料としてスクワランオイルを抽出しています。
しかし、プロセスが複雑であることから出来上がった製品の価格は高めです。

現時点では天然由来のスクワランオイルが高品質であることから、合成のスクワランオイルはほとんど化粧品には使われませんが、今後スクワランオイルの原料が不足してきた場合には合成スクワランオイルが求められるようになるかもしれません。

ユユ
ユユ

以下に動物由来、植物由来、合成スクワランオイルの特徴をまとめました。

 動物性植物性合成
スクワランオイルの原料サメ肝油主にオリーブ合成油脂
純度花丸
丸不明
使用感花丸
丸不明
浸透花丸
丸丸
安全性丸花丸
不明
刺激性花丸
花丸
不明
価格丸丸バツ

動物性のオイルというだけで、敬遠されることもありますが、実は保湿力や安全性を見ても植物由来のものと引けをとりません。むしろ植物由来よりも純度が高く精製されるため、アレルギーへの不安などは動物由来で純度が高い方が安心です。

コスパや使用感などを実際に体感しながら、自分にぴったりのオイルを見つけていきたいですね。

ユユ
ユユ

初めてのスクワランオイルなら「ハーバーの高品位スクワランはじめてセット」が最適です。どんな肌質の方でも安心してスクワランオイルの効果を実感できますよ。

コメント